ベビ待ちママが選ぶサプリ~妊娠したい・妊活ママの葉酸サプリ

葉酸サプリの1日目安摂取量

お腹の中にいる赤ちゃんの先天異常を防止するため、厚生労働省では葉酸の摂取を推奨しています。
母子手帳にも記載があるほどで、妊娠を希望する人や妊娠中の女性にとって必須の栄養素といえるでしょう。

今後妊娠の計画がある人は、葉酸を摂ったほうがよいのですが、どのぐらいの量を摂ればいいのかわからないという人もいるはずです。
健やかな赤ちゃんを出産するため、1日に摂取することが推奨されている葉酸の量は0.4mgと定められています。
大した量ではないと思うかもしれませんが、通常の食事で摂るとなるとなかなか大変です。

まず、葉酸は生のほうれん草、青のり、生のモロヘイヤ、茹でた枝豆、牛レバーなどに豊富に含まれています。
特に多く含まれているのは牛レバーで、100g中に1mg含まれています。
次に多い青のりで0.26mg、生のモロヘイヤで0.25mg、ほうれん草で0.21mg含まれているのです。

たっぷりと葉酸が含まれている食材を上手く献立に取り入れていくとよいのですが、豊富に含まれている食材は限られるため、メニューのマンネリ化が懸念されます。

さらに葉酸は水溶性のビタミンB群の一種であることから、調理の過程で消失しやすいという欠点があるのです。
そのため、自分では十分に摂っているつもりでも、足りていないということになりかねません。
そこで、葉酸サプリが栄養補給に役立ちます。
調理で栄養成分が損なわれる心配がありませんし、1日に必要な量の葉酸を飲みやすいサプリメントで手軽に補給することが可能です。